2014年2月のスノーボード ニュース

【ソチオリンピック】男子スロープスタイル予選結果 角野友基は準決勝へ

2014年02月06日(木)16時54分

ソチオリンピック最初の種目となる男子スロープスタイルの予選が行われ、現在第1組が終了。
スロープスタイルコンテストの表彰台常連のピート・ピロイネン、セバスチャン・トータントらは順当に決勝進出を決めました。

日本からは17歳の高校生、角野 友基が出場しましたが、1本目、2本目ともジャンプの着地にミスするなどしそれぞれ31.00ptと16.50ptで13位という結果に。
予選は2組行われ、各組の上位4名が決勝に進出し5位以下の選手は準決勝に回る方式のため、角野 友基は準決勝で決勝進出に挑みます。
準決勝の模様は日本時間8日(土)の14時30分からTBSおよびNHK BS1にて生中継されます。

男子スロープスタイル予選 第1組結果

1位 スターレ・サンドベック
2位 ピート・ピロイネン
3位 セバスチャン・トータント
4位 ジェイミー・ニコルズ
以上決勝進出



13位 角野友基

【ソチオリンピック】男子スロープスタイル初代王者にセージ・コッツェンバーグ、角野友基は8位入賞

2014年02月08日(土)20時59分
ソチオリンピックから新種目として採用された男子スロープスタイルの決勝が行われ、初代王者、そして大会最初の金メダリストにはアメリカのセージ・コッツェンバーグが輝きました。
日本から唯一参加した日本の17歳角野友基は見事8位に入賞しました。

角野友基のランおよびハイライト動画は以下で見られます。
http://www.gorin.jp/result/SBSBM070/

初出場となった角野友基は準決勝をギリギリで通過。
トリプルコークを武器にメダルに挑みましたが8位入賞。
メダルは逃したものの充分に楽しませてくれ、早くも次回への意欲を口にしています。

一方トリプルコークをメイクしながら3位となったマーク・マクモリス、5位となったマクサンス・パロの母国カナダのメディアは、ジャッジの採点がレールセクションに重きをおき、トリプルコークの評価が低すぎるとしてセージ・コッツェンバーグの優勝に異論を唱えています。

■ソチオリンピック 男子スロープスタイル決勝結果
1位  セージ・コッツェンバーグ アメリカ
2位  スターレ・サンドベック ノルウェー
3位  マーク・マクモリス カナダ
4位  スヴェン・ソーグレ スウェーデン
5位  マクサンス・パロ カナダ
6位  ジェイミー・ニコルズ イギリス
7位  ピート・ピロイネン フィンランド
8位  角野友基 日本
9位  セバスチャン・トータント カナダ
10位 ビリー・モーガン イギリス
11位 ローペ・トンテリ フィンランド
12位 イェルムン・ブラーテン ノルウェー

ソチオリンピック男子ハーフパイプで平野歩夢、平岡卓が史上初のメダル獲得!優勝はユーリ・ポドラドチコフ

2014年02月12日(水)03時54分

 ソチオリンピックは男子ハーフパイプ決勝を行い、日本の15歳平野歩夢が銀メダル、平岡卓が銅メダルを獲得する歴史的快挙を達成しました!

 平野歩夢は1本目で唯一となる90ポイントオーバーを叩き出しトップに立ったものの、2本目にスイスのiPodことユーリ・ポドラドチコフが大技キャブダブルコーク1440(ヨーロフリップ)をメイクしトップに。

 平岡卓も1本目は失敗したものの2本目で92.25ポイントを獲得し2位になると、平野歩夢が2本目でそれを超える93.50ポイントを出すがユーリ・ポドラドチコフは越えられず2位に。オリンピックでは史上初のメダル獲得と同時に、2つのメダルを獲得する快挙を達成した。また、平野歩夢は冬季オリンピックにおける最年少メダリストの記録をこれまでの19歳から15歳に更新しました。

 3連覇に挑んだショーン・ホワイトは1本目を失敗した後、2本目でも着地でわずかなミスがあり3連覇を逃し、アメリカはメダルゼロに終わりました。


ソチオリンピック男子ハーフパイプ決勝
1位 ユーリ・ポドラドチコフ
2位 平野歩夢
3位 平岡卓
このニュースのキーワード
スノーボードニュースに戻る
ニュースの投稿